« カラメルプリン(ル・ジャルダン・ゴロワ) | トップページ | ヨモギロール(フォーシーズンズホテル) »

2007.05.26

よもぎアフタヌーンティ(ル・ジャルダン)

よもぎアフタヌーンティ(ル・ジ
日本人として生まれた私は幸せだ。理由をあげるとキリがないが、例えば四季の変化を一つ一つ楽しむ文化を持っていること。(日本以外の国が持っていないと断言はできないが/汗)

今では薄れてしまったが、旬という概念、季節限定の味わい、たとえば春ならばタケノコであり、山菜であり、カツオであり、そういった各季節のみが生み出す素材をシンプルに、もともとの味を生かして作り上げる数々の料理を味わえること。

さて本日のアフタヌーンティセットにおいて上記文化を愛する日本人として特筆すべき素材は、春の野草として身近なヨモギである。そのヨモギを使ったスコーンの外面はさくっと、内面は非常にフカフカで、口に入れれば微かではあるが確実に、素朴だがそうそう味わえないアクやクセというか、野性味ある風味が広がり、自分が春の味を味わっているという喜びを涌き起こさせる。

更に日本人としてのうれしさを増やしてくれるのが、あずきのクロテッドクリーム。この組み合わせの妙は、ヨモギ餅のソレに負けず劣らずだと思う。スコーンの甘さは極力押さえられ、アズキの風味とほのかな甘さがたまらない。

さて、日本人感覚を除いての批評としては、いわゆるトラディッショナルな、つまりベーシックなそれであるが、ヨモギのスコーンとプレーンスコーンの明確な触感・味の違い(具体的に言えばよもぎと比べサクサク系で甘味がありそれだけでも食べることができる)があって飽きさせない気遣いや、洋酒の効いたガナッシュショコラタルトの贅沢さとか、洗練された給仕とか。

ここホテルフォーシーズンズ椿山荘はその名のまま、四季を通じて楽しめる庭園があり、それを観賞しかつ美味しいアフタヌーンティを過ごせるのは日本人としてもそうでなくても非常に贅沢で素敵な時間の過ごし方だと思う。

注:ヨモギスコーンは春限定。

|

« カラメルプリン(ル・ジャルダン・ゴロワ) | トップページ | ヨモギロール(フォーシーズンズホテル) »

その他お菓子」カテゴリの記事

アフタヌーンティセット」カテゴリの記事

ケーキ」カテゴリの記事

スコーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101236/6584753

この記事へのトラックバック一覧です: よもぎアフタヌーンティ(ル・ジャルダン):

» ロビーラウンジ ル・ジャルダン(フォーシーズンズホテル椿山荘東京)のアフタヌーンティー [高級ホテル宿泊記リンク集]
ロビーラウンジ ル・ジャルダンフォーシーズンズホテル椿山荘東京〒112-8667 東京都文京区関口2-10-8 TEL 03-3943-2222 至福の時間を味わう高級旅館・ホテル予約「Kihin(きひん)」アフタヌーンティーについて書... [続きを読む]

受信: 2007.05.29 17:49

» スコーンレシピってご存知ですか? [スコーンレシピ(美味しい食べ方と作り方!)]
スコ-ンレシピってご存知ですか?スコーンとはイギリスに伝わるパン菓子のことです。 [続きを読む]

受信: 2007.06.05 12:52

« カラメルプリン(ル・ジャルダン・ゴロワ) | トップページ | ヨモギロール(フォーシーズンズホテル) »